PMC

ケースシリーズ

1988年には、rhegmatogenous網膜剥離のために合計197眼が手術されました(図1A1A);); 187 (95%, 187/197) それらのうち、座屈手術によって治療された。 これらのうち、再剥離は、フォローアップの21年の間に症例の1で発生した(11.2%、21/187)。 座屈手術と組み合わせた一次硝子体手術は、わずか10人の患者で行われました。 これらのうち、三つ(33%、3/10)は、網膜再剥離のための再手術を必要としました。

図1 1988年(A)および2003年(B)におけるrhegmatogenous網膜剥離の主な手術であり、PVRの有無にかかわらず再剥離のために再手術が必要であった。対照的に、2003年には、157眼のうち217眼(72%)が原発性PPVおよび座屈手術を受けた(図1B1B)。). これらの症例の13(8.3%、13/157)では、網膜の再剥離が見られた。 PPVのないプライマリバックルは、60目のために2003年に選ばれました。 再剥離は17眼(28.3%、17/60)で発生した。

PVRは、スターフォールドと膜形成として見られ、再剥離につながる前方および後方PVRグレードCとして定義され、60例(5%)の座屈手術後の2003年12月157眼(7.6%)と比較して、説明された再剥離を担当していた。 187例(7%)のサーティーンは、1988年に座屈手術で操作されたpvrは、プライマリPPVとバックルの後に10目(30%)の三つに比べて再剥離を誘導した。 1988年の原発性PPVとバックル後のPVR再剥離のこの高い割合は、おそらくこれらがより複雑な症例であり、1988年にrhegmatogenous網膜剥離における原発性PPVの珍しい必要性を必要としたという事実によって説明することができる。 これに加えて、2003年にrhegmatogenous網膜剥離のための一次手術後のPVR誘発再剥離の数は1988年に比べて減少しなかった。それにもかかわらず、再離脱の総数は、2003年のプライマリPPVの後に少し低く、8.3%(13/157)と比較して11となっています。2%(21/187)で1988単独で座屈手術後(図11).しかし、なぜ外科医は毎日の練習でPVR率が低いという主観的な印象を持っていますか?

この質問に答えるために、我々は、上記のrhegmatogenous網膜剥離のためのものを含むすべての硝子体網膜手術を記録したが、他の適応症のためのものも記録した。 網膜剥離の手術は依然として手術のナンバーワンの適応であるが、黄斑疾患(黄斑パッカー、黄斑孔、加齢黄斑変性症など)の手術の数が増加するにつれて、硝子体網膜手術によってアプローチされる疾患のスペクトルは、過去十年間に拡大した(図22)。). PVRの複雑化の重要なもととして目の外傷は減ります。 保護眼鏡のより意識的な使用とシートベルトの法律は、2003年に1988年と比較して重度の眼外傷および眼内異物を有する症例の減少をもたらした。 PVRの開発が頻繁な複雑化である厳しい目の外傷の少数の患者があります。2

図2 1988年(n=692)および2003年(n=813)にケルンで行われたすべての硝子体網膜手術。

両方の年で、再硝子体手術は、ほぼ等しい数の眼で必要であった(18%(146/813)2003年に行われたすべての操作の23.3%(161/692)1988年に比べて)。 これには,PVR誘発再剥離による再手術とPVRなしの再剥離が含まれたが,黄斑パッカー形成などによる再硝子体切除も含まれた。 興味深いことに、2003年には、再硝子体手術の適応は、より頻繁に黄斑パッカー形成を含んでいた(図22)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。