New spin on S.F.Tennis Club:planはオフィスとしての再開発を目指しています

開発者が切望していたフィフス・アンド・ブラナン・ストリートにあるサンフランシスコ・テニス・クラブは、都市計画局に提出された新しい計画の下で、オフィス開発と小規模なテニス施設とヘルスクラブのために取り壊されます。
プロパティの所有者、ベイクラブは、計画文書によると、370,000平方フィート、五階建てのオフィスコンプレックス、25,000平方フィートのスポーツクラブ、四つのテニスコートを求める計画に開発者TMGパートナーズとアレクサンドリア不動産株式と協力しています。
現在の敷地には24面のテニスコート、屋内12面、屋上に12面のテニスコートがあり、屋内コートを見下ろすジム、カフェ、バーを含む広大なクラブレベルがあります。
ベイクラブ社長兼CEOのマシュー-スティーブンスは、”ベイクラブは積極的に645第五セントの潜在的な開発に参加している”と述べました。 相馬地区のためのプロジェクトにフィットネスとテニスを組み込んだレクリエーション施設の追加を含む場所。”
プロジェクトアプリケーションは、ソフトまたは使用されていないと見られているSoMaプロパティに再開発するための一連の努力の最新です。 何十年もの間、1974年に建てられたクラブは、倉庫やアーティストのスタジオ、自動車ガレージ、近所の徐々に高級な生地を構成した革のバーのパッチワークに自然にフィットしていたようでした。
選手たちは優位に立っています
しかし、サンフランシスコの国際技術革新の中心地としての地位が勢いを増したように、24コートのテニスクラブ
他の同様のSoMaプロジェクトには、SixthとBrannanのFlower Martプロパティの再開発、Chronicleの親会社であるHearst Corp.が所有する4エーカーの小包コレクションの変換が含まれています。
しかし、いくつかの開発者が過去十年間に判明したように、テニスクラブと土地利用政治はサンフランシスコで可燃性の組み合わせであることが証明されている-これまでのところ、テニス選手ではなく、開発者は、優位を持っていました。
2007年、サンフランシスコ-テニスクラブのメンバーは、プルテ-ホームズがコンドミニアムタワーを建設する計画に反対した。 プロジェクトは最終的に中止された。 8月にワシントン-セントで開催された。 現在のベイ—クラブ—アット-ザ-ゲートウェイのメンバーは、サンフランシスコ-テニス-クラブと同じ会社によって運営されていたが、165のコンドミニアムを建設する計画を打ち破る中心的な役割を果たした。
テニスクラブのメンバーは、彼らが現在のセンターを取り除くための計画に反対すると言います。 クラブは、年間の毎日のテニス活動のハイブです。 60のテニスチームがある。 レギュラー選手は小学生から90代まで幅広い。
“この場所を救うための組織的な努力があると確信しています。 “それは非常に多様です—それは私には古い靴のように感じています。 それは五つ星ホテルのようなものではありません。”
65歳でクラブに行くIvaryは、”週に六から七回、”迫り来る開発はクラブの話であると述べました。 前回の開発提案に対して懸命に戦ったメンバーの中には、再びそうするエネルギーを持っていないかもしれませんが、若いメンバーは何が起こっているかをメンバーズに知らせるためにFacebookページを開始しました。
ベイクラブは、クラブが少なくとも2017年まで残っていることを強調し、新しい開発にはフィットネスセンターが含まれることを強調しました。
同社は、新しいテニスクラブのための潜在的な家として、美術宮殿やサンフランシスコ港が所有するいくつかの土地を含むいくつかのプロパティ 声明の中で、バイオテクノロジースペースの最大の開発者の一人であるAlexandriaは、地元の開発者TMG Partnersとの合弁会社は、資格、設計、エンジニアリング、建設におけるTMGのクラス最高の地元の専門知識を活用することにより、Alexandriaの技術とライフサイエンスの作業スペースプラットフォームを活用していると述べた。”
区画が再区画される
“ベイクラブは、施設でフィットネスとテニス施設を運営し続けるために私たちと協力し、レクリエーション施設と近代的な作
テニスクラブの提案は、現在の場所で西相馬ゾーニングと一致していますが、最終的にそこに構築されているものは、より背が高く、より野心的であ このサイトは、許容される高さを3倍にすることができる中央相馬計画の下で再ゾーニングされる「ビッグセブン」開発区画の1つです。 それが完了すると、計画が提案する4コートのテニスセンターは、約150の手頃な価格の住宅ユニットとして開発することができます。 中央相馬計画は、2016年後半に採択される予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。