Abletonでギターを録音する方法:ステップバイステップのチュートリアル

ableton Live10でギターを録音する方法は、他のDawとは異なります。 Ableton Liveは、伝統的なDAWと比較してパフォーマンスツールのように設計されているため、ギターの録音は異なります。このガイドでは、Ableton Liveでエレキギターやアコースティックギターを録音する方法を段階的に紹介します。

あなたはこのガイドを読んだ後、あなたが使用して検討することができます録音や他のDawでの詳細な外観のために自宅でギターを録音するには、こステップ1

ステップ2

ステップ3: オーディオインターフェイスまたはマイクを接続

オーディオインターフェイスまたはUSBマイクを使用してAbleton Live10でギターを録音できます。 私はあなたのコンピュータのラインインやマイクジャックを使用しようとすることはお勧めしません。

マイクやオーディオインターフェイスがない場合は、このガイドのさまざまな録音オプションについて説明します。この例では、iRig HD2(私のレビューをチェックして、エレキギターに強くお勧めする理由を確認してください)を使用し、PCのUSBポートに接続しています。

この例では、iRig HD2(私のレビューをチェックして、エレキギターに強くお勧めする理由を確認してください)。あなたはアコースティックやエレキギター(またはボーカルや他の楽器)を記録したい場合、私はお勧めします最も人気のあるオーディオインターフェイスのfocusriteのオーディオインターフェイスを使用してギターを録音するには、Ableton Liveを開く前にUSBポートに接続するだけです。

マイクを使用してアコースティックギターを録音する場合は、Focusrite Scarlettのようなオーディオインターフェイスが理想的なオプションです。または、ギター(またはギターアンプ)をマイクで録音したい場合は、このようなUSBマイクを購入することができます。

私はボーカルを録音しているとき、代わりにオーディオインターフェイスを使用しての、私は単に私のiRigマイクスタジオ(レビューへのリンク)を接続します。

私はボーカルを録音しているとき、私は単に私のiRigマイクスタジオ(レビューへのリンク)を接続します。 このようなUSBマイクは、ボーカルやアコースティックギターを録音する簡単な方法を提供します。それはあなたにはるかに柔軟性を与えるように、ほとんどの人のために、私は非常にオーディオインターフェイスを使用することをお勧めします。

任意のマイクまたは複数のマイクをオーディオインターフェイスに接続できます。オーディオインターフェイスまたはUSBマイクをコンピュータに接続したら、Ableton Liveを開いて次のステップに進むことができます。

ステップ2:Abletonのセットアップ

Abletonを開いたときに最初に行うことは、Abletonのは、あなたがから録音したい入力を知っているので、あなたのオーディ

Ctrl、(コンマ)を押すか、オプション>環境設定メニューに移動し、オーディオタブをクリックしてオーディオ設定を表示します。これは、オーディオインターフェイスを使用するようにAbletonを設定する場所です。

“ドライバの種類”で、Macを使用する場合は”Core Audio”、PCを使用する場合は”ASIO”を選択します。 ASIOが最良の選択肢になりますが、問題がある場合はMME/DirectXを使用する必要がある場合があります。

‘Audio Device’ドロップダウンメニューの下で、オーディオインターフェイスを表示するオプションを探します。たとえば、focusriteオーディオインターフェイスを接続している場合、オプションの1つとして’FOCUSRITE USB ASIO’が表示されます。 その選択は最もよい結果を与えるべきである。

オーディオデバイスのリストにオーディオインターフェイスが表示されない場合、それはあなたのインターフェイスがAbletonで動作しないことを意味す それはそれのための専用のドライバがないことを意味します。

Asio4ALLの使用

オーディオインターフェイスがドロップダウンメニューに表示されない場合は、任意のDAWで動作する便利なオーディオドライバASIO4ALLを使用することをお勧めします。このウェブサイトからASIO4ALLをダウンロードしてインストールします。

インストール後にAbletonを再度開き、ドロップダウンメニューから選択します。

ハードウェア設定ボタンをクリックして、ASIO4ALL設定ビューを表示します。/p>

右端のスパナアイコンをクリックして、より多くのオプションにアクセスします:ここから、好きなデバイスを有効または無効にすることができます。

任意のデバイスの横にある青い電源アイコンをクリックするだけで、それらを有効または無効にできます。上のスクリーンショットでは、iRigの入力とコンピュータのスピーカーの出力を有効にしていることがわかります。これは私が私のiRigで録音し、私の通常のコンピュータのスピーカーを介して再生を聞くことができることを意味します。

これは、私のiRigで録音し、私の通常のコンこれにより、ASIO4ALLは複数の入力と出力を制御する強力な方法になります。 あなたが望む任意の方法であなたの信号をルーティングすることができます。オーディオインターフェイスの設定が完了したら、Abletonの[Input Config]ボタンをクリックします。

ここで、abletonに使用するオーディオインターフェイスからの入力を知らせます。私のiRig HD2には2つの入力しかないので、両方を潜在的な入力として既に強調表示しています。

オーディオインターフェイスに複数の入力がある場合は、すべての入力を選択するか、一部の入力のみを選択することができます。 後で簡単にするために、すべての入力を選択することをお勧めします。

サンプルレート

設定したサンプルレートは、オーディオインターフェイスと互換性がある必要があります。 以下のスクリーンショットでは、オーディオインターフェイスと互換性があるかどうかにかかわらず、さまざまなオプションから選択できることがわかります。ほとんどのオーディオインターフェイスとUSBマイクは44.1kHzまたは48khzのいずれかと互換性があり、いずれかが正常になります。 新しいオーディオインターフェイスは、96khzなどのより高いサンプルレートをサポートする可能性があります。

ほとんどのギタリストのために、48khzは使用することが完全に罰金であり、より高いサンプルレートは、必ずしもあなたに良い品質の録音を与える

バッファとレイテンシ

バッファの長さは、録音中に聞くレイテンシ(遅延)の量を制御します。 バッファが大きいほどレイテンシが高くなります。p>

高レイテンシでギターを録音しようとすると厄介なので、あなたの目標は、可能な限り低いレイテンシを持つことです。

バッファの長さを調整することでレイテンシを制御します。 バッファが低すぎると、グリッチが聞こえることがありますので、問題を起こさずにバッファをできるだけ低く設定することを目指してくださ上のスクリーンショットでは、256サンプルのバッファサイズが11.6ミリ秒の全体的なレイテンシを与えることがわかります。

ASIO4ALLを使用していると、ASIO4ALLの設定でバッファサイズを調整してレイテンシを変更したり、グリッチを回避したりすることができます。ステップ3:録音するトラックを設定する

オーディオインターフェイスがAbletonで設定されたので、録音用のトラックを準備する方法を見てみま

Abletonを最初に開くと、以下のように「セッション」ビューが表示される可能性があります。

セッションビューは、録音よりもライブパフォーマンスのために設計されています。 私たちは、記録のためのより適切なビューに変更する必要があります。

キーボードのTabキーを押すか、ビューに移動します>アレンジメントビュー/セッションビューを切り替えてアレンジメントビューに変更します。p>

このビューは、トラックの行を持つより伝統的なDAWビューに私たちを取ります。

あなたは、Abletonのは、各トラックのために異なる色であなたのために設定された四つのトラックで始まることがわかります。 デフォルトでは、2つのMIDIトラックと2つのオーディオトラックが表示されます。ギター、ベース、ドラム、またはボーカルを録音するには、オーディオトラックを使用します。

MIDIトラックを右クリックして削除を選択して削除しましょう。

トラックを右クリックすると、トラックの名前を変更したり、色を選択したり、新しいオーディオやMIDIトラックを挿入したりするなど、他の便利なオプションが表示されることがわかります。

Select Audio Input

以下に示すように、2つのオーディオトラックがあるはずです。

トラックをクリックすると、上のスクリーンショットで見ることができるように水色に変わります。

今、私たちはあなたのオーディオインターフェイスから正しい入力を使用するトラックを設定する必要があります。以下に示すように、トラックの右側にあるドロップダウンメニューをクリックして、オーディオ入力のリストを表示します。

私のiRigには二つの入力しかないので、選択するオプションは三つしかありません。 最初のオプション’1/2’はステレオを録音することです。 他の2つのオプション「1」と「2」は、各チャンネルからモノラル録音します。

このリストには、オーディオインターフェイスが使用する入力の数に応じて、より多くのオプションがある場合があります。

ギターが接続されているか、マイクがオンになっている場合は、緑色のバーが表示され、入力のレベルが表示されます。私は私のギターが接続されているように、あなたはすべての三つのオプションに緑色のバーを見ることができます。

病気はモノラルで私のギターを記録するために1として選択を維持します。

録音したいチャンネルを選択します。

録音したいチャンネルを選択します。

モニタリングを有効にする

Abletonがギターやマイクを聞くことができることを示す緑色のバーが表示されることがありますが、スピーカーからは何も聞こえません。Abletonを使ってギターを聴くには、モニタリングを有効にする必要があります。

トラックのInボタンを押すと、Abletonを通してギターが聞こえます。p>

また、トラックの右端にオーディオレベルが表示され始めます。 これは、Abletonのは、入力デバイスからオーディオを再生していることを知ることができます。

Arm For Recording

トラック上の入力デバイスを選択し、モニタリングを有効にしたので、トラックをarm for recordingできます。

トラックの右側にある録音ボタンをクリックして、録音用にアームします。あなたのギターを聞くことができ、トラックが録音のために武装している場合は、次のステップに進むことができます。

あなたのギターを聞くことができ、トラックが録音のために武装している場合は、次のステップに進むことができます。録音を開始する前に、オーディオレベルが適切に設定されていることを確認する必要があります。

ステップ4:オーディオレベルを確認します。

録音を開始する前に、オーディオレベルが適切に設定されていることを確認する必要があります。

オーディオレベルの設定が不十分であると、録音が台無しになる可能性があります。

トラックの”In”ボタンを押すとすぐに、Abletonを通してギターを聞くことができるはずです。

トラックの右側にあるメーターは、あなたの信号強度の指標を提供します。

以下に示すように緑色のバーが赤くなった場合、信号強度が高すぎることを意味します。

このレベルに達するトラックを録音すると、クリップ(不要な歪み)が録音に導入されます。

それはAbletonの中で赤になることはありませんので、あなたの信号をオフにするオーディオインターフェイスのコントロールを使用してください。同時に、信号強度を低すぎないようにします。

同時に、信号強度を低すぎないようにします。

同時に、信号強度を低すぎないようにし 良い信号のためにメーターの3/4の周りを埋めるために緑のバーを目指しています。

ステップ5:ギターを録音する

Abletonでオーディオデバイスとトラックを適切に設定している場合は、ギターの録音を開始できます。

画面上部の録音ボタンを押すか、キーボードのF9キーを押して録音を開始します。

録音を開始するには、画面上部の録音ボタンを押すか、キーボードのF9キー

Abletonのは、垂直方向のタイムラインがアレンジメントビューに表示されている場所からオーディオの録音を開始します。

以下に示すように、武装したトラックが赤くなり、波形が表示され始めます。

録音を停止するには、停止ボタ

聴覚再生

録音後に再生ボタンを押すと、録音が聞こえません。録音を聞くには、オーディオ監視をオフにする必要があります。

録音を聞くには、オーディオ監視をオフにする必要があります。

オーディオモニタリングを無効にするには、トラックのオフボタンを押します。 これで、再生ボタンを押すと録音を聞くことができるようになります。

または、「自動」ボタンを押すと、オーディオの監視と再生を自動的に切り替えることができます。

自動モードは、クリップの再生中にギターをミュートするので、あなたの録音と一緒に再生したい場合は、一度に両方を聞くことができるように、私は別のここでは、Abletonでの録音で何ができるかについていくつかのヒントがあります。

:

  • 波形の上のテキストをクリックしてドラッグしてクリップを移動します
  • 右クリックしてクリップの名前を変更したり、別の色を割り当てたりします
  • 異なるトラック間でクリップを前後にドラッグすることができます
  • クリップの角の四角をクリックしてクリップをフェードイン/フェードアウトすることができます

あなたはAbletonの仕組みの感触を得ることができるように、いくつかの録音を試してみてください。 Abletonのは、他のDawとは非常に異なっているので、慣れるためにいくつかの時間がかかることがあります。

Abletonのギターエフェクトとプラグイン

Abletonのは、あなたのギターの録音で使用できるエフェクトやプラグインの広い範囲が付属しています。また、AmpliTube、BIAS FX、Line6Helix NativeなどのAbletonのサードパーティ製のプラグインを使用することもできます。

あなたはここでギターのプラグインに私の究極のガイドで最高のオプションを含むプラグインについて知っておく必要があるすべてを見つ

Ableton Native Effects

Abletonに含まれるエフェクトを表示するには、左側のパネルの[Audio Effects]オプションをクリックします:

これらのエフェクトのいずれかをクリックすると、異なるプリセットが表示されます。

トラックにエフェクトを適用するには、トラックの上または画面の下部にドラッグします。

‘Amp’プラグインをトラックにドラッグしましょう。 下のパネルに以下のように表示されます。

いつでも、プラグインの上にプリセットをドラッグすると、設定が上書きされます。

プラグインの上部にあるオレンジ色の円をクリックして、プラグインとエフェクトのオンとオフを切り替えます。

Abletonのサードパーティプラグイン

左パネルの”プラグイン”オプションをクリックすると、以下のように空の画面が表示されることがあります。

すでにプラグインがコンピュータにインストールされている場合は、その場所を使用するようにAbletonに指示するだけです。

Ctrlキー、(コンマ)またはオプションを押して環境設定メニューに移動します>環境設定をクリックし、”プラグイン”をクリックします。プラグインに使用するフォルダを選択し、「USE VST2Plug-In Custom Folder」の横にあるボタンをクリックします。/p>

Abletonはプラグインをスキャンし、左パネルを更新します。

ネイティブのAbletonエフェクトのように、任意のプラグインをトラックにドラッグできるようになりました。上のスクリーンショットでは、AmpliTubeが他のDawと同じように表示されることがわかります。

プラグインのウィンドウを閉じると、プラグインのレンチアイコンを押していつでも再度開くことができます:p>

任意のトラックにプラグインやエフェクトを適用することができます。 各トラックをクリックすると、どのプラグインが適用されているかを画面の下部に表示されます。

このガイドで最高のギタープラグインをチェックしてください。Abletonで一度に2つの楽器を録音する方法

一度に複数のトラックを録音したい場合があります。

ギターアンプ、アコースティックギター、またはドラムキットに一度に複数のマイクを録音することができます。 またはボーカルとアコースティックギターのような二人のミュージシャンを一度に録音します。

複数のトラックを同時に録音するには、まずAbletonをセットアップして、一度に複数のトラックをアームできるようにする必要があります。

録音のために第二のトラックを武装しようとすると、あなたはそれが最初のトラックをオフにしていることに気づくでしょう。これを変更するには、armボタンを右クリックし、’Arm Exclusive(Pref)’のチェックを外します。

この設定では、一度に複数のトラックをアームすることができます。これで、2番目のトラックを武装させることができ、1番目のトラックは武装したままになります。

あなたがしたい場合は、両方のトラックのオーディオ監視を有効にすることができ、またはあなたが好きな場合は、監視をオフにすることができます。

第二のトラックでは、正しい入力チャンネルを選択してください。 上のスクリーンショットでは、私はトラック1のための私のiRig上の最初のチャネルとトラック2のための第二のチャネルを持っているこ

各トラックに適切なチャンネルが選択されていることを確認するために、オーディオメーターに目を離さないでください。

両方のトラックを録音するために武装させたら、いつでも録音をヒットすることができ、以下に示すように二つの録音が表示されます:

あなたは簡単に(あなたのオーディオインターフェイス上で利用可能な入力の数に応じて)あなたが好きなように記録するように多く

Abletonでトラックをオーバーダブする方法

別のトラックの上にオーバーダブや記録することができることは、Abletonで行うことは非常に簡単です。

Abletonでトラックを録音したら、そのトラックの上に録音する場合は、2つのオプションがあります。

最初のオプションは、記録されたクリップを別のトラックにドラッグしてから、最初のトラックを使用して記録を続行することです。より良い方法は、録音のための第二のトラックを設定することです。

最初のトラックを武装解除し、次に第二のトラックを武装させます。

あなたはすでにあなたのトラックが記録されているように、最初のトラックは、武装したままにしたくありません。

最初のトラックのオーディオモニタリングをオフにし、第二のトラックのためにそれをオンにします。 このトラックの正しい入力チャンネルを選択してください。

トラックの設定は以下のスクリーンショットのようになります。

この設定では、録音中に最初のトラックの再生を聞いている間、第二のトラックに録音することができます。 「録音」を押したときに最初のトラックが聞こえない場合は、最初のトラックのオーディオモニタリング設定を確認してください。

2番目のトラックを録音するように設定したら、[録音]を押すと、最初のトラックの再生が開始されます。また、再生中に新しいトラックが表示され始めます。

このメソッドを使用して、同時に複数のトラックを録音することができます。 単に新しいトラックを作成し、録音のためにそれを武装し、正しい入力とオーディオモニタリングを設定し、その後、レコードをヒット。

Abletonでギターを録音するビデオチュートリアル

Abletonでギターを録音する方法についてのステップバイステップのビデオチュートリアルです。

上記のビデオが表示されない場合は、ここでYouTubeでそれを見てください。 このようなより有用なチュートリアルやレッスンのための私のYouTubeチャンネルを購読

Ableton Liveでギターを録音するFAQ

ここでは、Ableton Live10でギターを録音することについて持っているかもしれないいくつかの一般的な質問があります。H3>Abletonはギターを録音するのに適していますか?

Ableton Liveはギターを録音するために使用することができますが、パフォーマンスツールとして使用するとはるかに優れています。 いくつかのギタリストは、録音のためのAbletonのを使用していますが、それはギターベースの音楽を録音するための他のDawほど良いではありません。上記の手順では、Abletonのは、他のDawに比べてギターを録音するためのように簡単ではない理由をあなたにアイデアを与える必要があります。

H3>ギターをAbletonに接続するにはどうすればよいですか?

あなたは、オーディオインターフェイスまたはUSBマイクのいずれかを使用してAbletonのにギターを接続することができます。

オーディオインターフェイスを接続したら、Abletonの設定領域でそれを設定する必要があります。このガイドでは、ギターをPCに接続するさまざまな方法の詳細について説明します。

このガイドでは、ギターをPCに接続する方法について説明します。

H3>Abletonはギターアンプを持っていますか?

Abletonのは、基本的なギターのアンプのトーンを提供していますアンプと呼ばれるオーディオエフェクトプラグインを持っています。 これはあなたに七つの異なるギターアンプのトーンを与える基本的な効果です。あなたが本当にAbletonでギターアンプのモデルを使用したい場合は、私はそのようなAmpliTube、BIAS FX、またはLine6Helix Nativeなどのプラグインを使用することをお勧めします。

なぜAbletonはオーディオを録音していないのですか?

Abletonがオーディオを録音していない場合は、設定を確認して、オーディオインターフェイスまたはマイクが正しく設定されていることを確認してく そして、それが選択された正しい入力を持っていることを確認するためにトラックを確認してください。 最後に、トラックが録音のために武装していることを確認してください。

Abletonでオーディオを適切に録音するには、前述の手順に従います。Abletonでギターが聞こえないのはなぜですか?

Abletonでギターが聴こえない場合は、まずオーディオモニタリングがオンになっていることを確認してください。 そうであれば、トラック上で正しい入力チャンネルが選択されていることを確認します。 最後に、オーディオインターフェイスの音量が上がっていることを確認します。

前の手順に従って、すべてが正しく設定されていることを確認します。

ギターを弾いているときにパチパチ音や不具合が聞こえるのはなぜですか?

Abletonでギターを演奏している間にパチパチ、ブンブン、スタティック、またはグリッチが聞こえた場合、オーディオ設定がインターフェイスに適切に設定されていないことを示しています。 あなたのCPUは追いつくのに苦労しているので、グリッチやパチパチを聞いてしまいます。 バッファとサンプルレートの設定を変更してみてください、あなたはパチパチやグリッチの変化を聞く必要があります。

クラッキングやグリッチは、CPUがバッファに追いつくことができないときに発生します。 バッファサイズを大きくすると、CPUの負荷が軽減されます。 すべてのシステムが異なっているので、あなたのための適切な設定は、同じインターフェイスで他の人が必要とするものとは完全に異な

同じバッファとサンプルレートの設定は、異なるDawで異なる結果を生成することもできます。 あなたはAbletonの中で問題を聞くのであれば、あなたは、Audacityのような他の録音プログラムと同じ問題を聞くことができない場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。