欠陥製品弁護士–Aronberg,Aronberg&Green

製造物責任は、人々に怪我や死を引き起こす消費者製品を扱う法律の分野の一般的な名前です。 この法律の目的は、企業や個人が一般販売のために製造する有害または欠陥のある製品から消費者を保護することです。 残念なことに、何千もの予防可能な死は、欠陥のある製品から毎年発生し、死亡、傷害、医療費、雇用喪失、および他の多くの社会的および個人的損失をもたら あなたが製品によって負傷されている場合は、欠陥のある製品の弁護士が必要な場合があります。

製造物責任は、製品の目的の何らかの誤動作による事故に関与しているすべての製品をカバーしています。 いくつかの主要な例は、SUVのロールオーバー、欠陥のあるタイヤ、ATVの事故、障害のある病院の製品やベッド、赤ちゃんの製品の欠陥と、より多くの例が含まれ それが意図されていた方法に従って動作しないと誤動作が怪我を引き起こすあなたが購入した任意の製品は、あなたの怪我のための製造物責任

欠陥製品

製造物責任訴訟では、製品が製造された方法のために欠陥があったという証拠がなければなりません。 これにより、製造元が何らかの外部の理由ではなく、障害が発生していることが保証されます。 持続的な傷害は、製造物責任訴訟における製品の誤動作に直接リンクされている必要があります。 欠陥があったか、本質的に危険であったかにかかわらず、欠陥のある製品によって負傷した場合は、製造業者、小売業者、卸売業者、販売業者、またはリース 製造物責任と呼ばれるこの義務は、人身傷害の一部門であり、製造物責任法に準拠しています。

欠陥または危険な製品を含む製造物責任訴訟に責任を確立するための四つの一般的な方法があります。 これらには、過失、保証違反、不実表示、および厳格責任が含まれます。 それぞれは、製造業者、販売者、または販売業者が発生した害の責任を負うことができます。

過失

製造物責任法に関しては、法的責任があるときに合理的な注意を払わない個人または団体は過失です。 これには、不注意で悪意のある行動だけでなく、不作為も含まれます。 過失の例は自動タイヤの会社が過失に不良であり、タイヤが重大な傷害を引き起こすことを失敗するタイヤを販売し、配るときである。

保証違反

売り手が製品に関するクレームまたは約束を支持しなかった場合に発生します。

保証違反

売り手が製品に この法律は、企業が主張を支持し、顧客に対して行われた義務を果たすことを期待しています。

不実表示

は、消費者が製品が実際よりも安全であると信じるように導く広告主張、または製品の使用に固有の潜在的なリスクからそらす 不実表示は、保証違反または厳格責任の下で主張することができます。 不実表示は、製造物責任請求の数の根拠です。

厳格責任

多くの製造物責任の場合と同様に、厳格責任は、欠陥のある製品の製造業者または販売者に、関連するすべての傷害の責任を負 被害者が製品に欠陥があり、その欠陥が人身傷害の原因であり、製品を過度に危険にしたことを示すことができれば、厳格責任は、欠陥または意図に関係なく、製造業者または販売者に責任を負わせる。

欠陥製品—FAQの

  • 製造物責任法とは何ですか、それが適用されるのはいつですか?
  • 製造物責任のケースを引き起こす不良製品の一般的な例は何ですか?
  • 製造物責任の場合に責任を負うのは誰ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。