ホウ素中性子捕獲療法を日常的ながん治療の選択肢として確立するための大きな一歩

侵襲性悪性腫瘍を治療するための非侵襲的治療法であるホウ素中性子捕獲療法(BNCT)を日常的な治療の選択肢として確立するためには、依然として標準化と計画された臨床試験が必要であるが、最近の技術の進歩は、今後数年間でより一般的な治療選択肢になる可能性があることを示唆している。 これらは、先月開催されたIAEA仮想会議の主な結論の一つでした。

近年のBNCTのゲームチェンジャーは、以前はBNCT治療を受けなければならなかった研究炉よりも臨床応用に適した環境である病院に設置されている小型加速器ベースの中性子源(CAN)の開発であった。

“ほとんどの研究炉は、患者を処理するための設備が整っておらず、患者がBNCTを受けることができる原子炉は少数しかなかった”とIAEAの核物理学者Ian Swainson

CANSは臨床BNCTのための新しい機会を提供していますが、研究者や規制当局は、加速された粒子や中性子生成ターゲットに応じて変化する可能性のある中性子の異なるエネルギーなど、様々な治療パラメータに関する研究炉と加速器の違いをよりよく理解する必要があるため、少しの障害を提供しています。 “缶は、専門家が十分なデータを収集するのに十分な長さのサービスにされていない、”スウェインソン氏は述べています。 「研究用原子炉と加速器の間では、生成される中性子束とそのエネルギー分布に違いがあります。”今後のIAEA報告書は、その開発が会議の焦点であったが、前臨床および後の臨床現場での缶に基づいたBNCTの開発のためのガイドブックとして機能する。

BNCTは、外部放射線源と効果的であるために腫瘍に蓄積する必要があるホウ素含有医薬品の両方を使用したハイブリッド治療です。 缶や医薬品には、放射線療法としても医薬品としても規制機関からの承認が必要であり、標準的な放射線療法と比較するとさらに複雑です。 あるシステムからの患者の結果を別のシステムからの患者の結果と比較する際に、さらなる課題が生じるであろう。 そのためには、標準化された用語と測定、ならびによく開発された品質保証プログラムが重要になります。

これらの複雑さにもかかわらず、bnctをルーチン臨床がん治療として確立するためのマイルストーンは、2020年にbnctの医療機器としての加速器の承認を得た。 別の会社がその目的のために並行して開発したホウ素を含む医薬品も承認を受けています。 両方の承認は、進行性および再発性頭頸部癌に関する第III相臨床試験の結果に従った。 重要な次のステップでは、日本の国民健康保険は、2020年6月にこのタイプの癌に対するBNCT治療の払い戻しを承認しました。

“これらの承認は非常に重要です:BNCTは最終的に治療アプローチとして公式の認識を受けています。 さらに、ヘルシンキ大学病院のBNCT施設は、試運転段階の終わりに近づいており、すぐに規制当局からの承認を求めています”とSwainson氏は述べています。 「慎重に設計された臨床試験は、他の癌に対する既存の治療モダリティと比較してBNCT治療の有効性を確立するために必要とされるであろう。”

まだ開発を必要とする分野の中には、特に治療中の腫瘍におけるホウ素濃度を測定するための標準的な方法があります。 これは、そのような手順から患者が受け取った用量を報告する際の複雑さの一つである。

“BNCT治療に関する多くの有望なデータがありました; しかし、病院でこれらの試験を実施する機会が短期間しか得られていないため、臨床的に制御された無作為化試験が不足しています」とIaeaの放射線生物学者、Oleg Belyakov氏は述べています。 「さらに、その複雑さのために、線量がどのように報告されるかに標準化の欠如があります。”

100カ国から20以上の参加者が会議でBNCTにおける新たな発展と科学的方法論について議論し、その主な結論は来年公開される予定のIAEA報告書にまとめ このトピックに関する最後のIAEAの出版物は2001年に出版され、ここで入手可能です。

BNCTについての詳細はこちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。